リフォームの基礎知識

キッチンリフォーム(リノベーション)の費用相場と基礎知識

新築の家やマンションを購入して10ぐらい経つと、いろいろなところのメンテナンスが必要になってきます。とくに、キッチンなんかはどんどん機能的で掃除がラクになってますので「新しいの欲しい!」と感じている奥様も多いのでは?

さて、そのキッチン。新しいものに交換するとどれぐらいの費用が掛かるのでしょうか?

LIXILやパナソニックのショールームへ行くと高級車が買えそうな値段で表示されていますが、そんなにお金を出さないとリフォームできないのでしょうか?

心配いりません。あれはメーカー希望小売価格なので、実際にはかなり安く購入することができます。

しかし、キッチン取り換えにはキッチン本体の費用だけでなく古いキッチンの解体処分費壁の補修ガスや水道管のつなぎ直しなども必要ですのでそこそこのリフォーム資金が必要です。

ということで、今回はキッチンをリフォーム(リノベーション)する場合の相場について解説します。

キッチンのリフォーム(リノベーション)で必要な工事

キッチンを新しいものに交換する場合「古いキッチンを捨てて、ポンっと新しいものを置いたら終わり!」というわけにはいきません。キッチン交換リフォームには、以下のような工事が必要です。

工事項目 摘要 工事代の目安
解体工事 古いキッチンや不要な壁を壊して処分する工事 2万円~10万円
大工工事 キッチン設置場所の下地・床・壁を直す工事 2万円~15万円
設備工事 新しいキッチン代と設置工事 20万円~100万円
電気工事 換気扇や食器洗い機、コンセントの電気工事 2万円~5万円
ガス工事 ガス管を移設したりつなぎ直す工事 3万円~5万円
水道工事 給排水管を移設したりつなぎ直す工事 4万円~8万円
内装工事 壁紙の補修が必要な場合 3万円~6万円

それぞれの工事で材料代、職人の手間賃、諸経費がかかりますので、総額ではけっこう大きな金額になってきます。諸経費については以下の記事が参考になります。

221view
リフォームの見積もりに出てくる【諸経費】とは?

今回は、リフォームの見積書に出てくる項目のひとつ「諸経費」について解説します。 諸経費とは「事務所の管理や営業活動で必要 ...

リフォーム工事代よりキッチン代のピンキリが凄い

キッチンはピンキリの幅が凄いです。10万円台で買えるキッチンもあれば、何百万円もするものもあります。闇雲ではなく、予算に合わせてキッチンを選ぶことが何より大事です。

キッチンはメーカーによって価格に差があるだけでなく、形によっても大きく値段が変わります。「壁を取っ払ってアイランドキッチンにしたい!」という希望を叶えるためには、壁にぴったりくっついたI型キッチンよりたくさんの資金が必要になります。

アイランド型キッチン(値段:高い)

独立した島のようなキッチンをアイランド型キッチンといいます。

アイランド型の良いところは「解放感」と「カッコよさ」です。「高級感」もありますね。「みんなでキッチンを囲んで調理をする」なんてこともできます。

デメリットは「値段が高いこと」と「ある程度広さがないと設置できない」ことです。

ペニンシュラ型キッチン(値段:中ぐらい)

左右どちらか片方が壁に接しているキッチンをペニンシュラ型キッチンといいます。

ペニンシュラ型も割と開放感がありオシャレです。片側が壁でも設置できるので、アイランド型と比較して場所も取りません。

デメリットは、価格が高めであること。アイランド型ほどではないですが、油が周囲に飛びやすいことです。

L型キッチン(値段:中ぐらい)

途中で直角に曲がっているキッチンをL型キッチンといいます。

L型キッチンはペニンシュラ型と同じぐらいの価格帯です。奥行が取れて幅が取れないキッチンスペースで活躍します。

デメリットはコーナーの収納が使いにくいことです。デッドスペースができやすいことです。

I型キッチン(値段:安い)

壁に沿わせたまっすぐなキッチンをI型キッチンといいます。

一番普及しているキッチンで、値段もリーズナブルです。うまく使えば、ペニンシュラ型のようなキッチンにもアレンジできます。

上手に安いI型キッチンを使い、こだわりのコンロやレンジフード(換気扇)を付ける方が満足度が高くなるケースもあります。施工店と相談してみてください。

キッチンリフォーム(リノベーション)工事の総額の相場

キッチン交換のリフォーム工事では、どのキッチンを採用するかでかなり価格が変わってきます。さらに、壁・床・天井を壊したり直したりする範囲によっても変動します。

あくまで目安ですが、よほど高額なキッチンを選ばなければキッチンリフォーム工事代は100万円前後が多いのではないでしょうか。相場としては50万円~150万円ぐらいで収まる工事が一般的です。

リフォーム工事では個別の事情により工事代金が大きく変わるので、複数のリフォーム会社に見積書を作ってもらい、各社を比較する方が安全です。

そうすることで比較検討できるので、異常に高い会社や安すぎる会社を見つけることができます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ナツダ アツシ

ナツダ アツシ

高気密高断熱を得意とする注文住宅の会社で、約8年間営業職を経験。インテリアコーディネーターの資格保有。自宅の分譲マンションを、スケルトンからリノベーションして居住中です。「家探し」や「家づくり」のノウハウを、わかりやすく解説します。

-リフォームの基礎知識

© 2020 Home Sweet Home