住宅ローンの予備知識

「つなぎ融資」とは?注文住宅は注意!分割融資という方法もある

注文住宅を建てようと思ってる方。
つなぎ融資」という言葉を聞いたことがないでしょうか?

きっと知ってる方が多くて「なんか、面倒くさそう」と感じてるのではないでしょうか?
「回避する方法はないかな?」と考えてる人もいるかもしれませんね。

今回は、そんな「つなぎ融資」について詳しく解説します。

では、さっそく。

つなぎ融資とは?注文住宅を建てるなら必須知識

まず、つなぎ融資がどんなものか説明しておきますね。

ナツダ
「つなぎ融資」は、主に注文住宅を建てるときに必要です。

一般的に、注文住宅の代金は三分割して支払うことが多いです。
土地を新規に買う方は、さらにもう一回増えます。

土地と注文住宅の支払いタイミングの例

  1. 土地代を払う
  2. 着工時に建物代金の1/3支払う
  3. 中間時に建物代金の1/3支払う
  4. 完成時に残金を支払う
ナツダ
ちなみに、土地代だけ先行して住宅ローンを実行してくれる銀行もあります。
その場合は、土地代のつなぎ融資は不要です。

こんな感じで、住宅会社や工務店は3分の1ずつ支払いを求めてきます。
でも、なぜでしょう?

主な理由は、以下の2つですね。

注文住宅で分割支払いが採用されている理由

  1. 材料費や職人の手間賃の支払いに使うため
  2. 代金未払いを防ぐためのリスクヘッジ

ごくごくまれに、前払金を徴収しておいて家を建てずに倒産する会社もあるようです。
施主側も、建築会社の経営状況などチェックしておいた方がいいでしょう。

ナツダ
住宅ローンの担当者さんに「この会社、経営状況大丈夫ですよね?」ぐらいの探りを入れておきましょう。

さて、この分割支払いですが、ひとつ問題点があります。
それが何かというと・・・。

住宅ローンの融資が実行されるのは、物件完成後の引き渡しのタイミングなのです。

ですので、先述の1(土地代)~3(中間金)は別のローンでまかなう必要があります。
そのローンこそが「つなぎ融資」と呼ばれるものです。

タイミング つなぎ融資 備考
土地購入 土地代金の100% 利息のみ支払い
着工 建物代金の30%
中間 建物代金の30%
完成
(引き渡し)
住宅ローン実行
土地代金の100%+建物代金の100%
つなぎ融資を一括返済
住宅ローン開始

なお、着工金と中間金の額は住宅会社によって違います。
シッカリ確認しておきましょう。

ナツダ
後半の支払い金額が大きいほど、前半の利息支払いが少なくて済みます。

ちなみに、つなぎ融資を取り扱っていない金融機関もあります。
注文住宅を建築される方は、つなぎ融資可能な金融機関を探しましょう。

つなぎ融資が必要なくなる「分割融資」とは?

一部の銀行では、住宅ローンを分割で融資してくれるとことがあります。
この分割融資を使えば、つなぎ融資は必要ありません。

では「分割融資」と「つなぎ融資」はどこが違うのでしょう?
メリットとデメリットを踏まえながら、説明してみます。

住宅ローンの分割融資とは?
着工金や中間金など、適時融資を実行してくれる住宅ローンの形態。言い方を変えると、分割融資は住宅ローンの一形態。つなぎ融資は、住宅ローンとはまったく別のローン。
分割融資のメリットは、つなぎ融資に比べて金利が低いこと。 デメリットは、早くから住宅ローンの返済が始まること。人によっては、家賃支払いと返済が重なる。

分割融資は担保を押さえにくいので、まだまだ取り扱い金融機関が少ないようです。
まずは、金融機関探しが大変かもしれないですね。

なお、着工前に全額融資を実行してくれる銀行や、完成時まで支払いを待ってくれる住宅会社もあります。

この件に関しては、選択肢がないケースが多いです。
金融機関や住宅会社の状況によって、成り行きで進めていく方がおおいでしょう。

50万円、カンタンに節約できるかも?

住宅購入費用の節約のコツ

知ってますか?一番、住宅購入費を節約できる方法

ナツダ
買う家の価格を下げる?そんなことしなくても、大丈夫です。

じつは、営業マンが家を買う人にちゃんと説明しない方法があります。それは、住宅ローン金利です。

たとえば、3000万円を30年ローンで借りたとき、金利1.0%と0.9%で返済額がいくら違うか知ってますか?

ナツダ
答えは、49万円です。

わずか0.1%違うだけでこんなに差がでるのに……みな様、あまりにもアッサリ銀行を選ばれます。きっと、営業マンが提携銀行しか紹介しないからでしょう。

もし、あなたが節約好きなら、自分で徹底的に金利が低い銀行を探してみては?その努力の見返りは、とても大きいですよ。

以下の記事で「住宅ローンの選び方」についてまとめました。家を買うときの参考にどうぞ。

住宅ローンの選び方と注目すべきポイント

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ナツダ アツシ

ナツダ アツシ

高気密高断熱を得意とする注文住宅の会社で、約8年間営業職を経験。インテリアコーディネーターの資格保有。自宅の分譲マンションを、スケルトンからリノベーションして居住中です。「家探し」や「家づくり」のノウハウを、わかりやすく解説します。

-住宅ローンの予備知識

© 2020 Home Sweet Home