住宅ローンの予備知識

住宅ローン審査が通らない!?信用情報の事故履歴は何年で消える?

今回は、住宅ローン審査について。
信用情報の事故履歴が何年で消えるのか、解説します。

では、説明していきますね。

信用情報や金融事故履歴は何年残る?

さっそく、信用情報の履歴がどれぐらい残るのか表にしてみましょう。

信用情報に残る履歴項目ごとに「いつから、どれぐらいの期間」残るか記載しておきます。

履歴項目 起算日 記録が残る期間
申し込み 申込日 6か月
契約関連 解約日 5年
返済関連 完済日 5年
長期延滞 延滞解消日 1~5年
任意整理 完済日 5年
個人再生 弁済契約の終了日 5~10年
自己破産 手続き終了日 5~10年

さて、住宅ローンに関して。
この中で特に注意が必要なのは、長期延滞債務整理でしょう。

ナツダ
上の表では、任意整理個人再生自己破産が債務整理に当たります。

長期延滞や債務整理の記録は、異動情報と呼ばれます。
この「異動情報」が残っている期間は、ローン審査でほぼ否決となります。

金融の個人信用情報とは?

そもそも「個人信用情報」とは何なのか?
いちおう、説明しておきましょう。

個人信用情報とは?
信用情報登録機関に登録されている、個人の信用力に関する情報のこと。
「ローン・クレジットカード・キャッシング」などの利用状況や、金融事故情報が記載されている。

ローンやクレジットカード、消費者金融を扱う会社は、顧客の利用状況を信用情報登録機関に登録することが義務付けられています。

信用情報登録機関は、3つあります。
主に、銀行系はKSC。信販・クレジット系はCIC。消費者信用系はJICCを利用しています。

ナツダ
ほとんどの金融機関は、複数の信用情報登録機関に加盟しています。
銀行にいたっては、3つとも加盟しているところも多いです。

各機関の公式サイトへ、リンクを張っておきますね。
住宅ローンを借りたい人は、特にKSCのサイトを覗いてみてください。

信用情報登録機関の公式サイト

  1. 全国銀行個人信用情報センター(KSC)
  2. シー・アイ・シー(CIC)
  3. 日本信用情報機構(JICC)

上記の機関に登録された情報はネットワークでつながっていて、一部の事故情報は共有できる仕組みになっています。

あなたが住宅ローンの申し込みをすると、金融機関は必ずこの情報を確認します。

住宅ローン審査でチェックされる信用情報項目

住宅ローンの申し込みを受けた銀行は、すぐに信用情報を確認します。
では、登録機関を使ってどんな情報が確認できるのでしょうか?

全国銀行個人信用情報センター(KSC)のホームページに載っている表を参照してみましょう。

登録情報 登録期間
本人情報
  • ・氏名
  • ・生年月日
  • ・性別
  • ・住所(本人への郵便不着の有無等を含む)
  • ・電話番号
  • ・勤務先
  • など
下記の情報のいずれかが登録されている期間
取引情報
  • ・ローンやクレジットカード等の借入金額
  • ・借入日
  • ・最終返済日等の契約の内容およびその返済状況(延滞、代位弁済、強制回収手続、解約、完済等の事実を含む)
  • など
契約期間中および契約終了日(完済していない場合は完済日)から5年を超えない期間
照会記録情報
  • ・センターの会員がセンターを利用した日およびローンやクレジットカード等の契約またはその申込みの内容
  • など
当該利用日から1年を超えない期間
官報情報
  • ・官報に公告された破産・民事再生手続開始決定
  • など
破産手続開始決定等を受けた日から10年を超えない期間

上述のとおり記載項目はたくさんありますが、特に以下の項目は重要視されます。
まんがいち該当する場合は、基本的にどの金融機関でも審査でNGが出ます。

  • 長期延滞
  • 代位弁済
  • 自己破産
  • 個人再生
  • 多重債務

「延滞」や「多重債務(限度額までの借入が5件以上)」に関して。
この2つは、条件次第でOKが出る場合もあります。

延滞は、解消から相当日数が経過していて回数が少ないこと。
多重債務は、自己資金が多いことで「審査OK」の可能性が高まります。

とは言え、基本的には上記5つの項目に事故情報がある場合は、ほぼ否決されると考えましょう。

ナツダ
履歴が消えてから審査申し込みする方が無難です。

住宅ローンに申し込むなら注意!見落としがちな信用情報

個人信用情報は、意外なことで傷付くことがあります。
以下の項目は盲点になりやすいので、注意してください。

  1. クレジットカードのキャッシング枠
  2. スマホの本体代金(分割払い)
  3. カード払いの支払い期日
  4. 未納になっている奨学金
  5. 個人信用情報を何度も照会する

大事なことなので、ひとつずつ解説しておきますね。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシング枠は、注意が必要です。
利用していなくても「限度額いっぱいまで使ってる」とみなされる場合があります。

キャッシングは簡単に使えますからね。
金融機関は、それを踏まえた返済比率で審査するのです。

ナツダ
「返済比率」とは、年収のうち返済に充てられる割合のことです。
この「返済」には、住宅ローンだけでなく全ローンを含めます。

とくに、複数枚のカードを持っている方は要注意です。
「絶対大丈夫だと思ってた借入額が否認された」なんてことにならないようにしましょう。

スマホの本体代金(分割払い)

スマホの本体代金は、24回払いや48回払いが一般的になってきています。
これは割賦販売にあたり、クレジット契約で購入しているのです。

ようするに、ちゃんと支払い期日を守っていかないと信用情報機関に延滞の事故情報が載るということです。

近年、とても問題になっているので経済産業省も注意喚起しています。
参考 経産省「契約の問題から身を守るために」(PDF)

カード払いの支払い期日

最近はキャッシュレス化が進み、何かとカード払いにしている人も多いですよね。
そんな人も、要注意。

うっかりクレジットカードの引き落とし日に残高が足りないと、あとで大変なことに。
住宅ローンまで利用できなくなる事態にならないように、気を付けてください。

未納になっている奨学金

奨学金事業をおこなう日本学生支援機構も、KSCに加盟しています。
ですので、延滞者の情報はKSCに登録されます。
参考 日本学生支援機構の「個人信用情報機関への個人情報登録制度の概要」(PDF)

なお、奨学金を返済中の人も注意が必要です。
未返済の残高が影響する金融機関と、影響しない金融機関があります。

個人信用情報を何度も照会する

じつは、自分の個人信用情報は、各機関に開示請求できます。

過去に金融事故を起こした人は、履歴が気になると思いますが・・・。
むやみに確認すると、住宅ローン審査で不利になることがあります。

ナツダ
あなたが開示請求した回数は履歴に残るので、銀行が信用調査するときにわかってしまいます。

信用情報の照会回数が多いと、どうなるか?
金融機関に「たくさんの金融機関で否決されてる?」と勘繰られてしまいます。

50万円、カンタンに節約できるかも?

住宅購入費用の節約のコツ

知ってますか?一番、住宅購入費を節約できる方法

ナツダ
買う家の価格を下げる?そんなことしなくても、大丈夫です。

じつは、営業マンが家を買う人にちゃんと説明しない方法があります。それは、住宅ローン金利です。

たとえば、3000万円を30年ローンで借りたとき、金利1.0%と0.9%で返済額がいくら違うか知ってますか?

ナツダ
答えは、49万円です。

わずか0.1%違うだけでこんなに差がでるのに……みな様、あまりにもアッサリ銀行を選ばれます。きっと、営業マンが提携銀行しか紹介しないからでしょう。

もし、あなたが節約好きなら、自分で徹底的に金利が低い銀行を探してみては?その努力の見返りは、とても大きいですよ。

以下の記事で「住宅ローンの選び方」についてまとめました。家を買うときの参考にどうぞ。

住宅ローンの選び方と注目すべきポイント

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ナツダ アツシ

ナツダ アツシ

高気密高断熱を得意とする注文住宅の会社で、約8年間営業職を経験。インテリアコーディネーターの資格保有。自宅の分譲マンションを、スケルトンからリノベーションして居住中です。「家探し」や「家づくり」のノウハウを、わかりやすく解説します。

-住宅ローンの予備知識

© 2020 Home Sweet Home