住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの「親子リレー」のメリット&親子ペアローンとの違い

住宅ローンには「親子リレー」というのがあります。
親が高齢の場合によく利用される方法ですが、いったいどんな住宅ローンなのでしょう。

もうひとつ「親子ペアローン」というのもあります。
「親子リレー」と「親子ペア」の違いはなんでしょう?

今回は、親子リレーローンについて、メリットやデメリットもふくめ詳しく解説します。

ではさっそく、説明していきますね。

住宅ローンの「親子リレーローン」とは?

さっそく、住宅ローンの「親子リレーローン」について解説していきます。
まず、親子リレーローンの概要から。

ナツダ
そもそも、どういう状況の人が利用するローンなのでしょう?

このローン形態は、ざっくり言うと収入合算するためにあります。
さて「収入合算」とは、なんでしょうか?

収入合算
住宅ローンの借主個人の収入だけでは希望額の融資が受けられないとき、別の人の収入を合算することで融資額上限を上げる方法。
収入合算する相手は、配偶者や親子が考えられる。

住宅ローンは、完済時年齢に制限があります。
必然的に高齢であればあるほど返済期間が短くなるので、融資上限額が低くなります。

そうなると、借主(親)単独で希望の融資額に足りない場合も出てきます。
そんなときは、子供が返済を引き継ぐことで返済期間を延ばせます。

その結果、親だけだと20年しか借りられなかった住宅ローンが35年返済になったりします。
このように親から子に引き継ぐ形で収入合算する方法を「親子リレーローン」と言います。

なお、夫婦の収入合算については以下の記事で詳しく説明しています。

31view
no image
住宅ローン【連帯保証人・連帯債務・ペアローン】の違い&離婚問題

住宅ローンは保証人は要りません。 なぜなら、保証会社は保証人になってくれるからです。 ですが、夫が住宅ローンを組んで妻が ...

親子リレーローン詳細について、もう少し説明しておきます。

申し込み可能な人

原則は、同居の親子。

収入合算可能な収入額

親子による収入合算では、合算できる金額に上限がある場合があります。
たとえば「主債務者(親)の収入の80%まで」とか「50%まで」といった感じです。

この条件は金融機関によって違うので、金融機関ごとに確認しておきましょう。

合算者(子)の収入が主債務者(親)より多い場合は、100%以上に加味してもらえるケースもあります。

収入合算者の審査

親子リレーローンについては、合算者(子)についても主債務者(親)と同様の住宅ローン審査があります。

ですので、合算者についても勤務先や勤続年数、信用力などチェックされます。
パートやアルバイト、派遣社員といった勤務形態は審査に影響します。

審査項目については、こちらで詳しく解説しています。

447view
【住宅ローンの基礎知識】住宅ローンとは?わかりやすく解説

初めて住宅を買う人にとって、けっこう難関なのが住宅ローンです。一生で一番大きな借金になるのに、概要が難しくイマイチわから ...

借入期間

親の年齢に関しては、申し込み可能年齢であるかどうかが重要です。
一般的な住宅ローンでは「70歳まで」までとなっているものが多いです。

子供の年齢は、返済期間に影響します。
子が44歳以下なら、35年ローンを組むことも可能です。

団体信用生命保険

団体信用生命保険の扱いは、金融機関ごとに違います。
たとえば、こんなパターンがあります。

  • 返済開始から全額子供が被保険者
  • 親が70歳になるまでは全額親が被保険者
  • 親が70歳になるまで親子50%ずつ被保険者

いずれの場合でも、親が70歳になると残債の全額に対して子供が被保険者になるようです。

詳細は、金融機関で確認してみてください。

親子リレー住宅ローンのメリットとデメリット

親子リレーローンのメリットとデメリットについても、解説しておきますね。

ずっと先にトラブルが起こるケースもあるので、しっかり検討しておいてください。

親子リレー住宅ローンのメリット

住宅ローンの「親子リレーローン」は、以下のようなメリットがあります。

  1. 返済期間を延ばせる
  2. 高額融資が受けられる

親子リレー住宅ローンのメリットは、この2つが大きいです。

返済期間は子供の年齢によるので、高齢の親単独に比べて長期間融資が受けられます。
長期間融資が受けられるということは、融資上限額も上がるということです。

「このメリットを受けるために、親子リレーローンにする」と言えるでしょう。

親子リレー住宅ローンのデメリット

住宅ローンの「親子リレーローン」は、以下のようなデメリットがあります。

  1. 親子でトラブルが起こったときに困る
  2. 相続のときに困る

まんがいち、親子で仲たがいするほどのトラブルが起こると・・・。
子供はものすごい嫌な思いをしながら、ローンの返済をしていくことになります。

ナツダ
二世帯住宅で済み始めたけど、価値観の違いでケンカに・・・。
というのは、避けたいところです。

また、親子が返済額に応じて所有権の「持ち分」を持つため、子に兄弟がいるとトラブルになることも。

親の持ち分を兄弟で分けて相続するとき、家を売って現金化せざるを得なくなるかもしれません。

いちおう、実行前にザックリ将来を想像しておくほうがいいですね。

住宅ローンの「親子ペアローン」との違い

さて、親子で収入合算する方法は「親子リレーローン」意外にもうひとつあります。
それが何かというと「親子ペアローン」です。

親子で収入合算できる住宅ローン

  1. 親子リレーローン
  2. 親子ペアローン

親子ペアローンと親子リレーローンの最大の違いは、ローン契約の数です。
リレーローンでは1つの契約を親子で引き継ぎますが、ペアローンは親子それぞれが単独でローン契約します。

ようするに、ペアローンは親も子もすぐに返済が始まるということです。
返済期間は「親が20年で子供が35年」といった具合に異なるケースもあり得ます。

違いを表にしてみましょう。

項目 親子リレーローン 親子ペアローン
ローン契約 1本 2本
債務者 親(子は連帯債務者) 親と子
ローン控除 控除期間の返済者のみ 親と子
団信 金融機関による 親と子
所有権持ち分 親子それぞれの返済額に応じて設定
返済期間 子供の年齢による 親子それぞれで判定

なお、ペアローンは原則親子や夫婦に限られます。
ただし、条件しだいでは兄弟や姉妹で組める金融機関もあります。

取り扱い金融機関が少ないですが、他に身寄りがない場合は相談してみましょう。

50万円、カンタンに節約できるかも?

住宅購入費用の節約のコツ

知ってますか?一番、住宅購入費を節約できる方法

ナツダ
買う家の価格を下げる?そんなことしなくても、大丈夫です。

じつは、営業マンが家を買う人にちゃんと説明しない方法があります。それは、住宅ローン金利です。

たとえば、3000万円を30年ローンで借りたとき、金利1.0%と0.9%で返済額がいくら違うか知ってますか?

ナツダ
答えは、49万円です。

わずか0.1%違うだけでこんなに差がでるのに……みな様、あまりにもアッサリ銀行を選ばれます。きっと、営業マンが提携銀行しか紹介しないからでしょう。

もし、あなたが節約好きなら、自分で徹底的に金利が低い銀行を探してみては?その努力の見返りは、とても大きいですよ。

以下の記事で「住宅ローンの選び方」についてまとめました。家を買うときの参考にどうぞ。

住宅ローンの選び方と注目すべきポイント

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ナツダ アツシ

ナツダ アツシ

高気密高断熱を得意とする注文住宅の会社で、約8年間営業職を経験。インテリアコーディネーターの資格保有。自宅の分譲マンションを、スケルトンからリノベーションして居住中です。「家探し」や「家づくり」のノウハウを、わかりやすく解説します。

-住宅ローンの基礎知識

© 2020 Home Sweet Home