住宅ローンの予備知識

住宅ローンを組んでまで家を買うメリットとデメリット

住宅ローンを組んでまで、家を買うメリットってあるんでしょうか?

昔から「持ち家派 VS 賃貸派」が論争を繰り広げてます。いったい、どっちが正解なんでしょう?

結論から言うと、その答えは人によって違うということになります。今回は、その理由を説明したいと思います。

では、解説していきますね。あなたには、どっちが合ってるでしょうか?考えるヒントになれば幸いです。

住宅ローンを組んでまで住まいを買うメリット

まず「住宅ローンを組んでまで住まいを買うメリット」を挙げてみましょう。よく言われるのは、こんなことです。

  1. 自分が気に入ったインテリアで過ごせる
  2. 負い目を感じずに過ごせる
  3. 低金利で借りると住宅ローン控除でお得
  4. 資産として残るので家賃を払うよりいい
  5. 老後住む家の心配をしなくてよくなる

順番に、もう少し詳しく解説しますね。

自分が気に入ったインテリアで過ごせる

私は、実はこれが一番大きいのではないかと思っています。自分自身のことを考えても、とても幸せな気分になれる要因になっています。

自分は気に入った構造、気に入った外観、気に入った内装、気に入った空間。そういうものに囲まれて暮らすというのは、とても気分がいいものです。

ナツダ
そういう意味では、建売住宅より注文住宅。注文住宅より中古のフルリノベーションの方が満足度高いかもしれません。

違う見方をすれば、ストレスが少ないとも言えます。ストレスが少ないと健康に良いし、イライラすることも少なくなります。

負い目を感じずに過ごせる

これは、感じる人と感じない人がいます。賃貸に住んでいると、なんだか周りの「持ち家組」の目が気になるんですね。

たしかに、持ち家派の中には賃貸派を否定する人もいると思いますが・・・・。大半の持ち家派は、他人のことなんて気にもしてないでしょう。

なんにせよ「家を買うことで負い目を感じずに過ごせる」と思うなら、それは家を購入する理由になります。

低金利で借りると住宅ローン控除でお得

ご存知とおり、所得税は住宅ローン控除(住宅借入金等特別控除)が受けられます。控除の要件を満たせば、10年間ローン残高に応じて所得税から還付してもらえる制度です。

住宅ローン控除額は、年末の住宅ローン残高の1%。いっぽう、住宅ローン金利(変動金利)は1%を切っている状況です。

つまり、銀行に支払う利息より、所得税の還付率の方がいいわけです。国があなたの利息を支払い、家の購入代金までフォローしてくれている状態ですね。

資産として残るので家賃を払うよりいい

家やマンションは、買い手がつかない物件を買わない限り現金化できます。たとえ建物に価値がなくなったとしても、土地が無価値になることはありません。

一方、賃貸マンションの家賃は「住居費」であり資産になりません。いくら支払ったところで、いっさい現金化できません。

計画的な金額で家を買えば、持ち家は賃貸住宅よりローコストで暮らすこともできます。

老後住む家の心配をしなくてよくなる

よく心配されるのが「高齢者は賃貸住宅を借りにくい」ということ。ですので「持ち家を持っておく方が安心」をという話になります。

今後ますます高齢化が進み、同時に単身高齢者が増えるでしょう。そうすると、今より「高齢者が賃貸を借りる」のは簡単になるかもしれません。

しかし、改善するかわからないことにかけるより、家を持つ方が安心ということですね。

住宅ローンを組んでまで家を買うデメリット

こんどは、住宅ローンを組んでまで家を買うデメリットです。私が考えるデメリットは、たったひとつ。

資産として、流動性が低い。これに尽きると思います。

ナツダ
「売りたい!」「現金化したい!」と思っても、すぐに売れませんからね。不動産屋に買い取ってもらう方法もありますが、かなり値下がりします。

たとえば、急に引っ越しせざるを得なくなったとき。圧倒的に、賃貸マンションの方が身軽に対応できます。

生活が苦しくなったとき、賃貸なら低家賃の物件に引っ越せばOKです。しかし、住宅ローンを抱えている人は、簡単に返済額を下げられませんよね。

物件を売却して、ローンを完済して、低家賃の賃貸を探すという流れになります。これは、時間がかかるうえ売却できない事態も起こり得ます。

マイホームを買うことは「負債」なのか?

ときどき「家を買うのは、負債を抱える行為」というのを耳にします。これは、本当でしょうか?

マイホームを「資産」と考えれば、間違いなくそうですね。しかし「だから、賃貸マンションの方がいい」とはなりません。

ナツダ
なぜなら、賃貸マンションも「資産」で考えるなら「負債」意外の何ものでもないからです。

この問題を考えるときは、マイホームも賃貸住宅も同じ土俵で考える方がいいでしょう。つまり「資産」で考えるか「住居費」で考えるか、両方とも合わせるのです。

先述のとおり、マイホームも賃貸住宅も「資産」で考えるならどちらもマイナスです。どちらもかけたコスト以上の所得が得られることは、ほぼありえません。

ナツダ
一部、駅近マンションなど人気物件で値上がりすることはあります。

住居費で考える場合は、比較が難しいです。どんな賃貸住宅に住むのか、どんなマイホームを買うのか、条件次第で変わります。

例として、賃貸住宅はこんな費用がかかります。

賃貸住宅でかかる費用の例

  • 敷金
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 家賃
  • 共益費
  • 原状回復日
  • 引っ越し代

マイホームは、こんな費用がかかります。

  • 住居や土地の購入代金
  • 住居や土地の取得費(登記など)
  • 維持管理費(メンテナンス費)
  • 固定資産税や都市計画税
  • 住宅ローンの利息や諸費用(保証料など)
  • 売却時の建物解体費(必要であれば)
  • 不動産の売却諸費用

マイホームの場合は、この費用から売却代金を引きます。そのうえで、お互い居住期間にかかった総費用を比較するのです。

状況によって金額が変わるのは想像に難くないですが、人によっては「マイホームの方が安くなる」こともあるのです。

ですから、住居費で考えるのか資産で考えるのか、条件を合わせて比べることが大切です。

50万円、カンタンに節約できるかも?

住宅購入費用の節約のコツ

知ってますか?一番、住宅購入費を節約できる方法

ナツダ
買う家の価格を下げる?そんなことしなくても、大丈夫です。

じつは、営業マンが家を買う人にちゃんと説明しない方法があります。それは、住宅ローン金利です。

たとえば、3000万円を30年ローンで借りたとき、金利1.0%と0.9%で返済額がいくら違うか知ってますか?

ナツダ
答えは、49万円です。

わずか0.1%違うだけでこんなに差がでるのに……みな様、あまりにもアッサリ銀行を選ばれます。きっと、営業マンが提携銀行しか紹介しないからでしょう。

もし、あなたが節約好きなら、自分で徹底的に金利が低い銀行を探してみては?その努力の見返りは、とても大きいですよ。

以下の記事で「住宅ローンの選び方」についてまとめました。家を買うときの参考にどうぞ。

住宅ローンの選び方と注目すべきポイント

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ナツダ アツシ

ナツダ アツシ

高気密高断熱を得意とする注文住宅の会社で、約8年間営業職を経験。インテリアコーディネーターの資格保有。自宅の分譲マンションを、スケルトンからリノベーションして居住中です。「家探し」や「家づくり」のノウハウを、わかりやすく解説します。

-住宅ローンの予備知識

© 2020 Home Sweet Home